NEW

怒髪天・増子直純が明かす31年目の決意「言い訳は通用しない。そういう場所でいよいよ勝負したい」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150317-dohatsu3.jpg

【リアルサウンドより】

 怒髪天が、2014年10月に行った東京・中野サンプラザホール公演の映像作品『ドハツの日(10・20)特別公演 怒髪天スーパーライブ ~秋の大感謝祭 “30(サンジュー)ベリーマッチ”~』をリリースした。同映像は、30周年イヤーを無事終了した怒髪天の2015年最初の作品であり、カトウタロウ(ギター)や奥野真哉(キーボード/ソウル・フラワー・ユニオン)、YO-KAN率いるホーンセクション、さらには初のストリングスセクションなどを加えたスペシャル編成で行われたパフォーマンスを収録したもの。また、同バンドは5月17日に東京・TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WESTの2会場でイベント『大怒髪展2015 “歌の歓楽街”』を開催するほか、5月13日には「酒」にまつわる楽曲を収録した「怒髪天酒唄傑作選~オヤジだヨ!全員酒豪~」をリリースするなど、今年もその勢いはとどまることを知らない。今回リアルサウンドではボーカルの増子直純を直撃。3つのトピックについて増子が考えていることを軸に、注目する若手などについても話を訊いた。聞き手は、増子の自伝『歩きつづけるかぎり』の取材と執筆を担当した石井恵梨子氏。

・「きちんと丁寧に歌唱するっていうことに向き合えた」

一一昨年のドハツの日、10月20日に行った中野サンプラザのライブ。演奏は確かに豪華なんですけど、ただ、これが一夜限りの特別仕様である、みたいな緊張感は感じなくて。そこが一番良かったです。

増子:うん、前にJO-NETS(親しい仲間からギター、オルガン、コーラス、ホーン・セクションを集めたスペシャルバンド。2011年に「怒髪天&THE JOE-NETS」名義でホール・ツアーを展開)と一緒にやってから、そのへんの縛りがなくなったね。サポートが入ったからって特別動じない。それでバンドの影が薄くなることもない。それはバンドの成長もあると思う。一人ひとりキャラクターが立って、それぞれの役割をしっかりこなせるからできるんだよね。

続きはこちら