NEW

ギャルブームは終焉なんかしていない!?白、清楚…復刊「小悪魔ageha」は時代遅れ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小悪魔agehaメモリアルBOOK」(主婦の友社)
 人気キャバ嬢らが読者モデルを務め一世風靡したギャルファッション誌「小悪魔ageha」が、4月18日に定期復刊することが発表された。同誌は発行元だったインフォレストの倒産により2014年5月号をもって休刊していたが、同年12月には発行元を主婦の友社に変え、「小悪魔agehaメモリアルBOOK」として1号限定復刊。そして今回、さらに出版社をネコ・パブリッシングに変更して復刊することが決定したという。

 当面は隔月刊行し、収益面で軌道に乗れば月刊化もするということだが、果たして再びギャル雑誌を牽引するほどのムーブメントを起こすことはできるのだろうか?

●ギャル雑誌はオワコン?


 10年以上前からギャルファッション誌やギャル男ファッション誌に携わるライター、昌谷大介氏は首を横に振る。

「率直に言って、往時の勢いを取り戻すことはかなり難しいでしょう。『小悪魔ageha』は全盛期に30万部を超える大ヒット雑誌でしたが、その当時の盛り上がりを期待するのは酷というものです。1999年には発行部数50万部を誇っていたギャル雑誌の雄『egg』(大洋図書)が昨年、19年の歴史に幕を下ろして休刊したのを筆頭に、『EDGE STYLE』(双葉社)、『Happie nuts』(インフォレスト)、『BLENDA』(角川春樹事務所)といった主要ギャル雑誌が相次いで休刊になったことは記憶に新しいところです。また、意外と知られていませんが、ギャル誌の中でも派手系モデルが多かった『Ranzuki』(ぶんか社)は、実は一昨年の後半に清楚系というか甘めガールといったモデルたちに一新する大幅リニューアルを遂げており、すでにギャル誌ではなくなっています。『Popteen』(角川春樹事務所)や『JELLY』(ぶんか社)はまだ健闘していますが、やはり最盛期より明らかに部数は落ちていますし、誌面に登場するモデルもファッションもギャル度を下げている状態です。要するに、すでにギャルファッション誌は“オワコン”(終わったコンテンツ)に近い状態であることは否めず、個人的な本音では『小悪魔ageha』には奮闘してもらいたいですが、市場は冷え切っていると言わざるを得ません」(昌谷氏)

 だが、ファッション誌に限らず、一度休刊した雑誌が定期刊行物として復刊するのは極めて珍しいケース。「小悪魔ageha」を引き受けたネコ・パブリッシングにしても、それなりの勝算があってのこととも思える。

「昨年12月に限定復刊させた際の『小悪魔agehaメモリアルBOOK』はそこそこ売れたため、まだビジネスとしての旨味があるかもしれないという判断だとは思います。ただ、出版不況の昨今、隔月刊行の雑誌はいつ休刊になってもおかしくありません。軌道に乗れば月刊化も視野に入れているようですが、逆に言えば3号ぐらい出してみて軌道に乗らなければ再び休刊という可能性も十分にあるわけです。どのような誌面づくりをするかは実際に発売されたものを見てみないとなんとも言えませんが、『小悪魔ageha』全盛期に流行っていたキャバ嬢たちの盛りヘアは、今のキャバ嬢たちには“ダサい”と認識されてしまっていますしね」(同)