NEW

厚労省が本気で考える"マイルドヤンキー"での介護人材不足対策は成功するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_mildyankee.jpg
マイルドな?ヤンキー?

 2000年の介護保険制度が創設された当時、約55万人だった介護職員は、2013年には約171万人に増加している。しかし、団塊の世代が全て75歳以上となり、要介護の高齢者の増加する2025年には約248万人の介護職員が必要と推計されている。(厚生労働省「介護サービス施設・事業所調査」)。このまま現状の施策を継続した場合、2025年には約30万人の介護職員が不足する見通しだとしている。
 
 昨年10月に開催された第71回全国老人福祉施設協会(仙台市)の第3分科会の席上、厚生労働省社会・援護局の福祉人材確保対策室長(当時)の竹内和久氏は、次のような発言をした。
「現実的に人口が減り地域に若い人材が少なくなる中でどうやって介護人材を確保するのか、地域のどういう人たちをターゲットにするのか、対応としてどうすればいいかと思われるかもしれない。一つのアイディアとして私たちは今や地域経済を支える"マイルドヤンキー"と呼ばれる若い人たちに注目、この層の人たちが介護人材として適しているのではないかというプロジェクトを進めているので、近い将来に報告したい。」