NEW

100円が100万円になる?年間300本以上の万馬券を的中させる、万馬券専門サイト?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
競馬を極めれば、こんな払い戻しも夢ではない

3年間で1億5000万円の利益

 NHKをはじめ各メディアのニュースでも報じられていたが、多くの競馬ファンから注目されていた裁判の判決が確定した。この裁判は、元会社員の男性が5年間で計約35億1000万円の馬券を買い、約36億6000万円の払戻金を得たところ、儲け分を大幅に上回る約8億1000万円の課税を受けたことに対し、課税処分の取り消しを求めていたものだ。

 結果は原告の主張通り、すなわち外れ馬券もすべて経費として認められ、課税額は5200万円に減額された。税制的に課題は残されているものの、大きな一歩といえるだろう。

 この裁判からわかるのは、「極めれば、馬券で儲けられる」ということだ。実際に、これ以外にも同様のケースで争っている裁判はあり、表に出ていない部分を含めれば相当な数の競馬ファンが馬券で儲けていると推測される。

 この裁判で、判決の行方と共に注目されたのが「どうやって儲けたのか」という点だった。

 元会社員の男性は、市販の競馬予想ソフトを改造して独自の予想ソフトを作成。100万円の資金を元に、毎週末ほぼすべてのレースで、1レース当たり約100通りの馬券を購入し、払い戻しを得た資金で再投資するという流れを繰り返して利益を得たという。

 この購入法は、かなりの専門技術や知識がないとマネするのは難しい。しかし、競馬初心者でも手軽に競馬で儲けるチャンスがある。それが万馬券専門サイトを利用することだ。