NEW

精神的なストレスが慢性的な腰痛を引き起こす! そのメカニズムとは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

shutterstock_125060024-2.jpg
自分の腰痛の真の原因を知らずにいると深刻な結果になることも...  shutterstock

 3カ月以上続くような慢性腰痛の多くには、ストレスが関わっている。骨や筋肉の問題がないわけではないが、ストレスがその痛みを増大させている。慢性腰痛にはストレスによる心因性の腰痛が非常に多いのだ。腰痛と言えば、原因として腰椎間板ヘルニアを思い浮かべる人が多いだろう。だが、実は腰痛のない健康な人の8割近くに椎間板ヘルニアがあり、ヘルニアがあっても痛みを感じていない人が多く、腰椎間板ヘルニア=腰痛の図は成立しないことがわかっている。

 痛みの原因となりうる状態があっても、痛みを感じる人と感じない人がいる。その両者を分けているのが、ストレスだ。ストレスは「気のせい」ではなく、体の仕組みとして、腰痛を起こしたり、腰痛を強めたりする。