NEW

羽生結弦はトップアスリートとして帝王プルシェンコと同じ道を歩むのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_hanyupuru001.jpg
2人の天才の運命はどこへ photo:http://8ga10boo.com

 ソチ冬季五輪の金メダリスト羽生結弦は、世界フィギュアスケート選手権大会に出場し、日本選手初の2連覇を目指す。27日の男子ショートプログラムに向け24日に行われた公式練習では、2種類の4回転ジャンプに成功させており、連覇への期待が高まっている。

 昨年11月8日、中国上海で行われたグランプリシリーズ第3戦男子フリーの直前練習で、中国の選手と激突し、頭部、下顎などから出血し、脳震盪での後遺症なども心配された。12月には「尿膜管遺残症」での手術、練習を再開した1月末には右足を捻挫するなど、度重なる怪我や病気で世界選手権への出場が危ぶまれていたが、直前練習での4回転ジャンプ成功で周囲を安堵させている。

 それでもまだ、羽生選手の昨年の衝撃的なシーンが頭を掠める。しかも、昨年はフィギュアスケートの世界で起きたひとつの大きな出来事が記憶に残る。ロシアの帝王プルシェンコ選手がソチオリンピックを腰の故障を理由に棄権したときの姿だ。団体戦では華麗な演技で観客を魅了していたが、個人戦の直前練習でジャンプから着地をした時に、突然腰をおさえて動けなくなってしまった。前日には練習中に4回転ジャンプから転倒し、すでに体の限界だったらしいが、本番へのエントリーをあきらめることは無かった。

プルシェンコ選手の壮絶な自分との闘い

 プルシェンコ選手が長い間、自らのけがや身体疲労と格闘し続けたことはよく知られる。