NEW

『音楽と人』編集長が語る、同誌のあり方と主催イベントへの意欲「根っこにある人間性を出したい」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 アーティストの“人柄”に寄り添った誌面作りで、音楽ファンに新たな視点を与えてきた音楽雑誌『音楽と人』が、東京・新木場STUDIO COASTにて2015年4月18日(土)、4月19日(日)にこれまでの最大規模となる主催イベント『音楽と人LIVE 2015 ローリング・サンダー・レビュー』を開催する。1993年に初代編集長の市川哲史氏が創刊し、その後、発行元を変えながらも長く音楽ファンに愛されてきた同誌は、なぜこのタイミングでライブイベントを開催することになったのか。怒髪天、the pillows、BRAHMAN、POLYSICS、MO'SOME TONEBENDERなど、実力派のバンドにスポットを当てた同イベント開催のきっかけから、同誌の編集方針、さらにはこれからの音楽メディアのあり方についてまで、98年より編集長を務める金光裕史氏に話を聞いた。聞き手はライター・石井恵梨子氏。

続きはこちら