NEW

カマンベールチーズがアルツハイマーを予防? 原因物質の沈着を抑える成分を発見!

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

cheese.jpg
カマンベールチーズが認知症予防に効果?

 世界2400万人の認知症患者に朗報か――。カマンベールチーズの摂取がアルツハイマー病の予防に役立つ可能性があることが発表された。

 現在、日本で460万人、世界で2400万人近くが認知症を患っているとされている。日本の認知症患者は、2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症だ。さらに団塊の世代が75歳以上となる2025年には、65歳以上の高齢者に対する割合が約5人に1人に増える見込みだ。

 認知症の中でも、最も多いのが「アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)」。アルツハイマー病は、気づいたときには進行が始まっており、記憶だけでなく判断力や言語機能など大脳の機能全体が低下していく。

 だが、アルツハイマー病には十分な治療方法が開発されていないため、日々の生活を通じて予防する取り組みが注目を集めている。