NEW

高橋みなみ、NHKいじめ授業に絶賛の嵐「アイドルとは思えない」「教師を凌駕。圧巻」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CD+DVD『Jane Doe』(高橋みなみ/NAYUTAWAVE RECORDS)
 NHK Eテレで毎週金曜日に放送されている『いじめをノックアウト』。その名の通り、小中学生を対象に「いじめはダメ」というメッセージを伝える番組だ。3月21日には、5度目となるスペシャル版『いじめをノックアウトスペシャル第5弾 小さな思いが、つながるとき…』が放送され、レギュラー出演している人気アイドルAKB48グループ総監督の高橋みなみが、小学校6年生を相手に特別授業を展開した。

 始まる前は、不安がいっぱいで戸惑ったという高橋。教室に入る前には「緊張する……」とこぼし、深呼吸して気持ちを落ち着かせていたが、いざ教壇に立つと堂々とした教師ぶりを見せた。高橋は、まず「みんなは、友達のことはよく知っていると思いますか?」と問いかけ、今回のテーマが「友達をもっと知ろう」であることを説明する。

 小学校低学年から「芸能人になりたい」と思っていた高橋だが、当時はそれを友達に言うのが恥ずかしかったという。AKB48のオーディション合格後は、学校に行く機会が減り、芸能活動をしていることが周囲にバレたことで「3~4カ月無視をされた」と、いじめに近い行為を受けていたようだ。

 その時の自分の状況について高橋は、「秘密をつくってしまったことで、すごく相手を傷つけてしまったし、距離をつくってしまった」と振り返る。その後、一時は学校に行きづらくなったものの、友達からメールで励まされたことで、友達の存在の大切さを身を持って知ったという。

 この体験談に教室は静まり返り、高橋は早くも子供たちの心をつかんだようだ。次に高橋は、授業の中で「知る努力」と「自分のことを知ってもらう努力」を養うために、隣の席の友達と1対1で30分間、「知らないことを聞き出す」という作業を命じる。中には会話が弾まないペアもあったが、高橋は気さくに声をかけて気持ちをほぐし、「秘密にしていると、自分が苦しくなるし、どんどん言いづらくなってドツボにはまる」と心をオープンにすることの大切さを説いていた。

 高橋自身、AKB48加入後5年ぐらいは人に相談するのが苦手だったが、「それが違ったんだなってことに、この3年ぐらいで気づいた」という。高橋はさらに「人は、頼ってほしい生き物。頼ってもらった時に、やっとその人との関係性が出来上がるなってすごく思った」「だから私、今すごく楽なんです。みんなにも早く楽になってほしい」と語る。

 対話後、友達に向けて手紙を書き、それを発表することで授業は幕を閉じた。進行を務めていた首藤奈知子アナウンサーが「手紙を読んでいるみんなの顔って、優しくなってましたよね。相手を思いやって」と語ったように、この授業を通じて子供たちの中に少なからず変化が生まれたようだ。

●高橋の授業にネット上で絶賛の声


 また、中学校進学を控える子供たちに向けて、高橋は以下のようなメッセージを伝えた。