NEW

巨人Googleが遺伝子検査サービスに本格的に参戦 その野望とは!?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

GoogleGenomics.jpg
グーグル・ゲノミクス(Google Genomics)のHP 

 この連載では、多角度からパーソナル・ゲノム・サービスの現象と本質を俯瞰しながら、数々の遺伝子検査にまつわるトピックを探ってきた。世界の動向を追ううちに明確な事実に気づかされる。それは、23アンド・ミーに出資し、情報ビジネスの頂点に君臨するインターネット検索エンジンGoogleの存在だ。Googleが虎視眈々と狙うヘゲモニー(覇権)は何なのか?

 今回は、グローバル戦略を駆使するGoogleが取り組む、研究機関向けのヒトゲノム・データベースサービス、グーグル・ゲノミクス(Google Genomics)にスポットを当てよう。

 人類が使うすべての情報を集め、整理し、世界中の人々がアクセスして使えるようにする。そんな人類未踏のビジョンと希有壮大なミッションを掲げてスタートしたGoogle。「余の辞書に不可能の文字はない」がナポレオンなら、「世界にアクセス不可能の情報はない」がGoogleだ。ググれば、だれでも・いつでも・どこでも、欲しい情報を手にできる。ウェブ検索エンジンGoogleが、遺伝子検査ビジネスに奇策を打って出た。