NEW

離婚騒動で指摘される米倉涼子の「M気質」は本物? “覚せい剤男”とSM不倫報道も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

yonekura_150414.jpg
女王様イメージの強い米倉涼子も実はM?

 今月に入り、突然流れた米倉涼子の離婚報道。中でも読者に驚きをもたらしたのが、現在発売中の「週刊文春」(文藝春秋)4月16日号だ。米倉が離婚を決断した理由について、その原因は夫のモラハラとDVにあると報じたのである。

 夫は米倉に門限を強要し、米倉もそれに従っていた。時には5時間も床に正座させ、説教する。人前で人格否定のような罵詈雑言をはく。また昨年の入籍5日後の都内カウントダウンパーティーに夫婦揃って出席した際、夫は酔って怒り出し、米倉の頭を叩き、最後には首まで絞めて、ひとりで怒って帰ってしまったという。

 まさに暴力とモラハラがセットになった典型例。もちろん夫側を貶めるためのネガティブキャンペーンで多少オーバーになっている可能性もあるが、しかしだとしても、超大物女優、男前でじゃじゃ馬的なイメージがある米倉が、ここまで男に服従し、支配されてしまうというのは、かなり意外に映る。だが「週刊文春」はこう書いている。