NEW

Jリーグ、韓国リーグより下位?恵まれすぎた環境でひ弱に?タフさで中韓に劣る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Jリーグ オフィシャルサイト」より
 1月21日、かつて日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のジュビロ磐田などで活躍したカレン・ロバートが韓国2部リーグ(Kリーグチャレンジ)・ソウルイーランドFCに移籍し、ちょっとした話題となった。古くからのサッカーファンであれば、カレンのことを知っている人もいるだろうが、ソウルイーランドFCのことを知っている人は少ないだろう。また、国内リーグの世界ランキングではJリーグがKリーグより劣っていることも、あまり知られていない。

 国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が発表している最新のリーグランキングによれば、Jリーグは30位で、24位のKリーグより格下なのである。実際に、アジアのクラブチームによる大陸選手権であるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の成績で見ると、ACLの前身であるアジアクラブ選手権の成績を含め、Kリーグのクラブは優勝10回に準優勝6回と、実績面では間違いなくアジアナンバー1だ。ちなみにJリーグのチームは、優勝5回と準優勝3回である。

JリーグとKリーグの比較

 では、JリーグはKリーグに比べ、どこがどれほど劣っているのだろうか? 今回は2つの面から比較していきたい。

 まずは、選手を取り巻く環境面から見ていきたい。韓国にプロリーグが発足したのは1983年、日本は93年で、Kリーグに一日の長があるため、環境面でもKリーグが充実しているかと思いきや、意外とそうでもないのである。その証拠に、多くの韓国人選手が日本でのプレーを希望し、来日している。昨シーズンのJ1に在籍した外国人選手83人中23人が韓国人であることからわかるように、多くのKリーガーが、生まれ育った国ではなく日本でプレーしているのである。もっとも、Jリーグには各チーム3枠の外国人枠とは別に、アジア選手枠が1枠あるため、韓国人選手が多くなりやすい環境といえるが、それでも多くのKリーガーが日本に来ることを望んでいるのは確かなようだ。

 過去にJリーグでプレー経験のある韓国人選手は、こう述べる。

「日本に来て感じたのは、サッカー選手としての扱いが韓国とまるで違うことです。練習環境も整っているし、サポーターも多くて盛大に応援してくれる。日本に来て、やっぱりサッカー選手は花形職業だと実感しました」