NEW

LUNA SEAが歩んできた孤高の道 ロックバンドとしての美学とビジョンに迫る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 LUNA SEAが主宰する“史上最狂のロックフェス〈LUNATIC FEST.〉”が2015年6月27日(土)、28日(日)幕張メッセにて開催される。ヴィジュアル系のみならず、日本の音楽シーンに大きく影響を与えるバンドの初フェスだけに、その出演者と内容に期待が高まる。ちなみに、各メンバーの活動は別として、LUNA SEAとしての外部ロックフェスへの参加もまだないのである。去る3月20日、恒例ともいえる“月相”に合わせた重大発表。中身は「新月の夜に会場図面公開」という肩透かしを思いきり喰らったわけだが、未だ発表されない内容に予測して思いを馳せる、それも孤高のバンドの“SLAVE(奴隷)”の定めと言い聞かせるしかない。

 2010年〈REBOOT〉のメッセージとともに本格的に活動再開以来、とどまることをせず精力的な活動を見せているLUNA SEA。多くのヴィジュアル系バンドに見られるフォロワーはもちろんのこと、凛として時雨、Base Ball Bear、戸高賢史(ART-SCHOOL)など、その広い影響力は測りしれない。直接的な影響下ならずとも、ロックへの初期衝動はLUNA SEAがきっかけだった、初めて手にしたギターはグラスルーツ/エドワーズのINORANモデルだった、という人も多いだろう。90年代に最も売れたギターとベースは、フェンダーでもギブソンでもなく、ESP関連のLUNA SEAモデルだったと言われたほどである。

続きはこちら