NEW

古賀氏へ『報道ステ』関係者から怒り噴出&動揺「テロだ」「政治的思惑にハメられた」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古賀茂明氏のTwitter
 テレビ番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)生放送中に起こった、コメンテーターによる“降板の裏側暴露&口論”騒動が波紋を呼んでいる。

 27日放送の同番組に生出演した元経済産業省官僚の古賀茂明氏は、キャスターの古舘伊知郎から中東情勢に関しコメントを求められると、「ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会長と、(古舘の所属事務所)古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で、今日が最後ということに」と発言。これを受け古舘は、「ちょっと待ってください。今の話は承伏できません」と反論したが、古賀氏は「古舘さんもその時におっしゃりました。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきましたので、そこまで言われるならすべて(音声を)出させていただきます」と語った。

 さらに古舘が「番組ではこれまで川内原発に対する指摘や、辺野古の問題についても取り上げてきたじゃないですか」と問い質すと、古賀氏は「それをつくってきたチーフプロデューサーが更迭されます」と抗戦。古舘は慌てて「更迭ではない」と否定する事態に発展。一連の展開は多くの視聴者を驚かせ、放送直後から波紋が広がっている。

 テレ朝関係者が語る。

「『報道ステ』関係者の中には古賀さんの行動を『テロ』とも呼ぶ人もおり、『古賀さんの政治的思惑にテレ朝がハメられたんじゃないか』と怒りと危機感を声高に訴えるスタッフもいたようです。しかし、司会の古舘さんがその場で古賀さんを諌めた通り、4月以降も取り上げるニュースの内容によっては古賀さんに出演してもらう可能性もあり、正確に降板と決まっているわけではないようです」

 番組内で古賀氏が「バッシングを受けてきた」と批判した菅義偉官房長官は30日の会見で「事実無根」と否定。逆に、古賀氏がメディアという公の場を勘違いしているなどと、政治家や報道に携わる著名人らから数多くの批判も寄せられている。

 今回の騒動の背景について、民放テレビ局の報道関係者は「古賀さんの過激な左翼路線がテレビ朝日の許容範囲を超えたため、局としては古賀さんと距離を置こうとしていたというのが、真相ではないでしょうか」と語るが、泡を食わされるはめになった古館をよく知るテレビ制作関係者は次のように苦笑する。

「古賀さんが『古舘さんもその時におっしゃりました』と古舘さんを非難したことから察するに、古賀さんを説得する際に古館さんが軽口をたたいてしまった可能性もありますね。彼にはややお調子者なところがありますから、そんな気質が災いしたのかもしれません」