NEW

メイド・イン・ジャパンの医療用ロボット・機器の実力はいかほどか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

hal.jpg
医療機器として初めて欧州の工業規格であるCEマークの認証を受けたHAL(サイバーダインのHPよりshutterstock

 限られた術野を限られた視野から把握し、いかに精密、精確、迅速に操作できるか――。それが内視鏡手術支援ロボットの生命線だ。日本で研究開発され、臨床で利用されている内視鏡手術支援ロボットとしては、「ニューロボット(Neurobot)」などが知られている。

 ニューロボットは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を受け、信州大学脳神経外科、東京女子医科大学脳神経外科、日立製作所が共同開発した脳外科手術支援用のマニピュレータシステムだ。