NEW

黒人音楽をめぐるポリティカル・コレクトネスの現在 “ステレオ・タイプな表現”をどう脱するか

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 音楽ライターの磯部涼氏と編集者の中矢俊一郎氏が、音楽シーンの“今”について語らう連載「時事オト通信」第4回の前篇。今回は、ラッツ&スターがももいろクローバーZとともに黒人を模して“顔の黒塗り”という表現をしたことにより巻き起こった議論や、韓国のラッパー・Keith Apeが中心となって日韓のラッパーをフィーチャーした楽曲「It G Ma」が世界中で話題となったことを取り上げ、ミュージシャンの表現とポリティカル・コレクトネスの関係について考察を深めた。(編集部)

・磯部「ラッツ&スターの件で表面化した問題は、彼らだけのものではない」

中矢:最近、ネットでポリティカル・コレクトネス(差別や偏見を含まない言葉/表現を用いること。以下、PC)に基づいた炎上が盛んに起こっているように思います。ポピュラー音楽をめぐったものに関していうと、例えば、2月、「ニューヨーク・タイムズ」の田淵広子記者がツイッターで、「なぜ、日本でレイシズムについての議論が必要なのか」というコメントを付けてアップした、ラッツ&スターとももいろクローバーZが顔を黒塗りにした写真が問題になりました(https://twitter.com/hirokotabuchi/status/565699599810445312)。

 ラッツ&スターは、80年にドゥ・ワップをベースとしたコーラス・グループ=シャネルズとしてデビューして以来、ずっと、顔を黒塗りにしてきたわけですが、これまで、日本ではほとんどと言っていいほど問題にならなかったですよね。ただ、欧米では、そのようなメイクは“ブラックフェイス”といって、アメリカで19世紀に流行った、主に白人が顔を黒塗りにして黒人のカリカチュアを演じるミンストレル・ショーを直接的に連想させるため、人種差別の象徴としてタブーになっています。そして、そのような、日本のガラパゴスな環境のせいで見すごされてきた表現がネットに乗ることで、世界中の視線に晒され、批判が殺到したというところでしょうか。

続きはこちら