NEW

『おかげさまで生きる』東大病院医師に霊感セミナー疑惑…ヤバすぎる思想と版元の責任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

okagesama_01_140919.jpg
「週刊文春」に霊感セミナー疑惑を報じられた矢作直樹医師(『おかげさまで生きる』幻冬舎)

 今日発売の「週刊文春」(文藝春秋)4月16日号が、ベストセラー『人は死なない ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索』(バジリコ)『おかげさまで生きる』(幻冬舎)などの著書で知られる、東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授で東大医学部付属病院救急部・集中治療部長の矢作直樹氏の“霊感セミナー”疑惑を報道している。(記事の全文は「週刊文春デジタル」で購読可能→外部リンク

 同誌によれば、昨年春、東大病院内に矢作氏が顧問で、矢作氏の教え子である東大病院のI医師が代表を務める「未来医療研究会」が発足。ここが“スピリチュアル業者”による霊感商法の営業の場になっており、浄化効果のある「水晶の粉」や宇宙と繋がることができる「ミュージックローション」などが売られているという。

 病気の治療にやってくる患者の不安につけこんで、非科学的なオカルト思想をふりまき、怪しげな商品を売りつける行為が国立病院の中で行われ、その場所を医師が主宰していた──。事実なら医師失格ともいえる大問題だが、実は本サイトはかなり早くから、矢作氏の思想の危うさ、そして矢作氏のような医師を雇用し続けている東大病院の責任を厳しく指摘していた。