NEW

マックや松屋、なぜ収益悪化でも深夜営業?意外かつ素晴らしすぎる秀逸回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内のマクドナルド店舗(「Wikipedia」より/Sven Manguard)
この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は放送作家の鮫肌文殊氏が、ファーストフード店の深夜料金に関する疑問について迫ります。

【今回ご回答いただいた企業】
松屋フーズ様、日本マクドナルド

 テレビ業界がどんどん早起きになっている。特にバラエティ番組制作の現場で、その傾向が顕著だ。

 業界内で“朝イチ”といえば、午後1時を指すような時代が長く続いていた。番組の定例会議も夜7時スタートが多い。そんな時間から始まるので、会議を終わる頃には日付が変わっていることも多かった。

 当然ながら、朝早く起きて満員電車に乗る生活が嫌で、放送作家という稼業に足を踏み入れた。当時の業界では「世間様と時差が4時間くらいある」などと言われていたが、そんな生活が自分には合っていた。たまに「午前中に会議を開く」などと呼び出されれば、作家全員から大ブーイングが飛んだものである。

 しかし、時は流れた。「夜遅くに会議をスタートして局員AD(アシスタント・ディレクター)の残業代をたっぷり払うくらいなら、会議時間を早くしろ」という局の方針もあったのだろう。

 また、昨今のテレビ業界全体が、コンプライアンスを重視し、世間の常識とズレることを嫌う傾向にあることも影響している。「時差が4時間ある」などと甘えたことを言わず、早起きして一般企業と同じ時間に働けといわんばかりである。

 まだ「定例会議のスタートが朝9時」というだけで文句が出る体たらくで、一般の企業に勤めている人の感覚からすれば、ごく普通のことではあるが、定着するには時間がかかるだろう。

 個人的な予想としては、テレビ業界の早起き傾向はもっと進むと思う。「3日寝ていません」などと、多忙さを話のネタにするワーカホリックな時代は終わったのだ。他の業界と同じく、有能な人は十分に睡眠を取り、早起きして仕事をする時代がやって来たのだ。

 そこで、今回の昭和なギモンである。

 テレビ業界が超夜型だった時代。放送作家が台本をはじめとする書き仕事で日々お世話になっていた、24時間営業のファミリーレストランやファーストフード店。

 ご存じの人も多いと思うが、ファミレスには深夜料金があり、深夜の利用は割高になる。

 しかし、ファーストフード店では客に深夜料金を請求する店は珍しい。それはなぜだろうか。ファーストフード店でも深夜料金を取ってもいいのではないだろうか。