NEW

「4月12日大地震」予言は大ウソだ!地震予言デマのからくりを暴く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

iruka_150412.jpg
茨城県鉾田市の海岸に打ち上げられたイルカたち(YouTube「ANNnewsCH」より)


「警戒!大地震が来るぞ!」「東海大地震クルコレ」「ついに東京壊滅か…」

 ──ネット上で多くの人びとが関心を寄せていた、“4月12日大地震発生”説。発信源は、阪神大震災や東日本大震災を予期していたとされる、ゲリー・ボーネル氏の予言にある。いわく、伊豆沖でマグニチュード9.2の大地震が起こり、その1週間後に首都直下地震が発生、東京から都市機能が奪われる……という予言だ。これに拍車をかけたのが、今月10日に茨城県鉾田市の海岸でイルカが150頭以上も打ち上げられたニュース。東日本大震災の直前である2011年3月4日にも、同じように茨城県の海岸でイルカが打ち上げられたからだ。

 が、あと数時間残されているが、ここまで12日に伊豆沖で大きな地震が発生することはなかった。だが、ネット上ではゲリー・ボーネル氏以外の予言にも注目が集まっており、たとえば手かざし予言が当たると評判で市川海老蔵がハマっていた“渋谷のゲイバーママ”の「2015年の5月末に大地震が来るわよ」発言を挙げ、「4月12日が外れたからといって、油断はできない」と不安に駆られているネット民も多いようだ。