NEW

近い将来、米軍はドローンをどう使う? 恐怖の「LOCUST構想」が明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

LOCUST_3.jpg
画像は「YouTube」より

 技術の進歩と低価格化により、ドローン(無人航空機)が普及しつつある。その用途も、いまや空撮のみならず監視や運搬、さらには災害救助まで、様々な分野へと広がりを見せており、私たちの生活をより便利にしてくれる存在として期待されているのだ。しかし、「戦争は発明の母」という言葉もあるように、ドローンの研究・開発もまた、本来は軍事目的で始まったものである。アメリカ軍は、すでに100年近く前から運用していたとの指摘もあるほどだ。ドローンの最先端技術と未来を知るためには、何よりも軍事研究に注目しなければならない。

続きは【トカナ】で読む