NEW

斉藤工と石田ゆり子も恋愛どころではない? 女医の3人に1人が未婚 「医師たちの労働環境」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

drwoman.jpg
労働環境に左右される恋愛事情? ドラマ「医師たちの恋愛事情」HPより

 フジテレビの連続ドラマ「医師たちの恋愛事情」が評判だ。熱血外科医を演じるのは、いま最もセクシーな俳優といわれる斎藤工。大学病院を舞台に、医師たちが「秘密」を抱えつつ、出世争い、恋愛、不倫、三角関係などの欲望が渦巻く「医療ラブストーリー」。

 斉藤が魅かれる女性医師を演じるのは石田ゆり子。仕事を最優先にした結果、結婚適齢期を逃した42歳の独身外科医。ほかにも、シングルマザーや不妊治療中の女医も登場。「女性が仕事を全うしつつ、幸せな結婚生活や子どもを持つことの難しさ」を実感する女医たちの姿も描かれる。

 世間では「女医」が花盛りだ。テレビ番組では女医タレント、雑誌の読者モデルが活躍している。「第47回ミス日本コンテスト2015」では、東大医学部医学科3年生が準ミスには輝いた。

 男性医師中心だった医療現場でも、女性医師の姿が目立つようになってきた。いまや大学医学部の学生は、3分の1が女性。医師国家試験合格者の女性率は、ここ数年31~35%で推移している。厚生労働省によると、医師全体に占める女性の割合は約2割だ。

少数の勤務医が長時間勤務でカバーしているという実態

 高収入の職業というイメージがある医師だが、病院の勤務医は激務だ。