NEW

長時間労働、数万円の自腹買取り、元ヤン店長の暴力支配…ブラックバイトに気をつけろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

blackbaito_150422.jpg
『ブラックバイト』(大内裕和・今野晴貴/堀之内出版)

 新学年のはじまり、新しくアルバイトを始める人も多いだろう。しかし、注意したいのがブラックバイトだ。

 ブラックバイトとは大学生など若者に劣悪な条件での労働を要求する仕事(アルバイト)のことだ。アルバイトにもかかわらず、社員と同様の過大な責任と負担を押し付けられ、大学の講義やゼミを休まざるをえなくなる。大学生にとって最も重要な試験前や試験期間中にも休むことを許されず、試験を欠席して単位を落とす……。こうしたブラックバイトを募集しているのは大手アパレル店に、大手牛丼チェーン、大手コンビニエンスストアと、社員を酷使し使い捨てにしてきた、いわゆる“ブラック企業”なのだ。

 社員を使い捨てにするブラック企業は、今度はアルバイトにも早朝から深夜までの長時間労働に毎月数万円もの自腹買取り……と容赦のない要求をする。その厳しい現実に迫ったのが『ブラックバイト』(大内裕和・今野晴貴/堀之内出版)だ。