NEW

大橋巨泉事務所がなぜ「反日映画出演」で萩原流行切り捨て? 今は小倉智昭が支配か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

oohashikyosen_150426.jpg
上・大橋巨泉公式サイト「KYOSEN.COM」より/下・株式会社オーケープロダクションプロフィールより


 小倉智昭が自ら司会をつとめる『とくダネ!』(フジテレビ系)で、亡くなった萩原流行のことを「反日映画に出演した」とレッテル貼りをした問題は大きな反響を呼んだ。しかし、ネットでは、その小倉が所属し、萩原を切り捨てた事務所が、大橋巨泉の「オーケープロダクション」だったということに疑問の声があがっている。

〈あの大橋巨泉さんの事務所なのに、なぜ?〉
〈「小倉智昭」とかいう司会者って、不遇な時代には、大橋巨泉に食わせてもらっていたはずだが…。近ごろは、巨泉とは大違いのウヨタレントになったらしい〉
〈小倉のこと、師匠の大橋巨泉はどう思ってるのかな〉

 たしかに、オーケープロダクションは大橋巨泉のマネジメントを行うために1969年に作られた会社で、その社名も大橋巨泉のイニシャルから名付けられている。