NEW

TAKAHIRO、板野友美との“突然の”交際否定は、本命新恋人・武井咲への配慮?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 あの清純派女優と超人気男性ユニットメンバーの熱愛が報じられた。

 4月27日発売の週刊誌「フラッシュ」(光文社)は、武井咲(21)とEXILEボーカル・TAKAHIRO(30)の熱愛を報じている。記事によれば、ふたりは昨年放送された連続テレビドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で共演し、今年3月に放送されたスペシャル版の撮影をきっかけに急接近。TAKAHIROが武井の自宅マンションに通うなどして、逢瀬を重ねているという。

 TAKAHIROといえば、かねてからタレントで元AKB48・板野友美との交際が報じられていたが、今年1月、双方が同時にほぼ同じ内容で交際を否定するコメントを発表し話題を呼んだ。TAKAHIROの所属事務所LDHをよく知る関係者は語る。

「その時はすでにTAKAHIROと板野の関係は終わっていたようです。交際中はそれを認めず、破局後に交際を否定するという嘘のない対応で、芸能事務所としてうまいやり方です。そしてLDHが板野との交際を否定する声明を発表したのは、すでに交際が始まっていた武井サイドへの配慮だったと考えていいでしょう。LDHはTAKAHIROからきちんと報告を受けて、武井サイドに配慮したのです」

 TAKAHIROと武井の関係について双方の所属事務所は共に「共演者」としているが、スポーツ紙記者は「事務所同士がメディアの返答について口裏を合わせていることは明らか」だという。また、週刊誌記者は語る。

「『FLASH』には、決定的な2ショット写真は掲載されていませんが、交際をこれだけ確信を持って報じているということは、2人の関係の深さをうかがわせる決定的な写真の1枚や2枚は存在するのではないでしょうか。共に異性からの人気の高い2人で、特に武井はイメージが重要となる大企業のCM契約を多数抱えているため、事務所が『FLASH』へ交渉し武井のイメージを最大限守った結果がこれなのでしょう」

 果たしてTAKAHIROサイドが板野との交際をあれだけ明確に否定した裏には、本命・武井の存在があったからなのだろうか。今回の報道を、板野はいったいどういう気持ちで受け止めているのか。
(文=編集部)