NEW

ニャンニャン写真、カメラ小僧、CMアイドル…俗な目線で読み替える、写真と広告とメディアの【裏】30年史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――1980年代以降、使い捨てカメラ、チェキ、カメラ付きケータイ、スマホと、カメラはどんどんと身近さを増してきた。その中で生まれたスキャンダルや写真界におけるブームを拾い上げながら、写真というメディアの国内30年史を『1995年』『ラーメンと愛国』の速水健朗が読み解く。

1505_media_01.jpg
高部知子のスクープを掲載した「FOCUS」が創刊されたのは81年。80年代は、写真週刊誌の隆盛期でもあった。

 写真とメディアの正の歴史は、アート、(いわゆる第四の権力としての)報道ジャーナリズム、公式記録などと結びついてきましたが、写真の歴史はそれだけではありません。

 ここでのぞいてみたいのは、その“裏”の歴史。素人の写真とメディア、そしてテクノロジーの関わりの歴史です。

 それを振り返る上での重要なポイントとなるのは、1981年です。写真史的には、赤瀬川原平の「トマソン」が連載されていた「写真時代」(白夜書房)が編集者・末井昭によって創刊された年ですが、むしろここで脚光を当てるべきは『アクション・カメラ術 盗み撮りのエロチシズム』(KKベストセラーズ)の刊行でしょう。女性の下着を盗み撮りするテクニック、つまり盗撮の仕方を記した不届きな写真術本であり、今では刊行も危うい感じの本ですが、当時のニーズにばっちりあって大ベストセラーになりました。同年、これに伴い素人の投稿写真雑誌「セクシー・アクション」(サン出版)も刊行され、アクションカメラ(≒盗撮)が日の目を見る、今となっては奇妙な時代が始まりました。

 この80年前後の時代に10代の男の子たちが憧れたガジェットのナンバーワンが、一眼レフカメラでした。大場久美子がオリンパス、キヤノンの藤谷美和子、早見優のペンタックスといった具合に、当時の男子に人気のアイドル・女優たちがこぞってカメラ会社のCMに起用されていたことからも間違いありません。なかでもカメラ会社のCMで有名になったのが、当時現役女子大生だった宮崎美子でした。「いまのキミはピカピカに光って」(80年)という糸井重里のコピーと、海辺の木の下で周囲を気にする様子を見せながら、洋服を脱いで水着姿になる演技の鮮烈さで注目を集めたこのCMは、ミノルタの一眼レフカメラのCMでした。このCMのテーマは、ずばり盗撮です。カメラが男の子の憧れのガジェットになった背景には、エロが透けて見えるのです。

 こうしたアクションカメラ、つまり素人の写真とエロの融合は、ある事件へと結びつきます。それは83年の「ニャンニャン事件」です。当時、萩本欽一のバラエティ番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(テレビ朝日)に出演し、女の子ユニット“わらべ”の一員として人気を博していた高部知子の、ベッドで裸で煙草をくわえている写真が写真週刊誌「FOCUS」(新潮社)に掲載されたという事件でした。「ニャンニャン」とは、このときの見出しに使われたもので、80年代に性行為を意味する隠語として定着します。おニャン子クラブが登場したフジテレビのバラエティ『夕やけニャンニャン』などへと影響を与えた重要事件です。

 ちなみに高部の場合は、彼氏が写真週刊誌に持ち込んだというケースで、これを機に高部自身は転落の一途をたどり、当の交際相手は掲載から2カ月後に自殺するという悲劇的な展開を迎えます。

 こうした流出事件は、むしろ現代では日常茶飯事となりつつあります。2012年の指原莉乃のセクシー画像の流出(「週刊文春」)、香港俳優エディソン・チャンのプライベート写真の流出事件(08年)はその中でも有名なもの。さらに昨年、ジェニファー・ローレンスらハリウッド女優のネット流出写真を掲載した週刊誌「FLASH」(光文社)が回収されるという騒動もありましたが、すでに流出はコモデティ化の時代を迎えようとしているようです。