NEW

アルツハイマーになるリスクを50%以上減らす! 楽に実践できる「MIND食」とは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

mindfoods.jpg
MIND食にオリーブオイルは必須 keko64/PIXTA(ピクスタ)

 認知症を引き起こす原因として最も多い疾病が、アルツハイマー病。脳内の神経細胞が急激に減り、脳が委縮することで高度の認知障害や知能低下、人格の崩壊などを引き起こす。発症の原因は諸説あるが、未だに明らかにされておらず、予防や治療の方法も確立されていない。

 しかし先日、アルツハイマー病に対する不安を少し軽くしてくれる論文が学術誌『Alzheimer's & Dementia』に発表された。米・ラッシュ大学医療センター(シカゴ)のマーサ・クレア・モリス博士らが開発した「MIND食」と呼ばれる食事療法に、アルツハイマー病のリスクを大きく下げる効果が期待できるというのだ。

ほどほどに実行しても予防効果あり

 

 「MIND食」とは、心疾患の予防効果があるといわれる「地中海式食事療法」と高血圧を抑制する「DASH食」に、葉物野菜やベリー類など、脳の健康に良いとされる食品の摂取に重点を置いたものだ。「MIND」は「神経変性疾患を先延ばしにするための地中海型DASH食介入(Mediterranean-DASH Intervention for Neurodegenerative Delay)」の頭文字。

 今回の研究には、開始当初に認知症を患っていなかった58~98歳の923人が参加。平均で4年半の追跡調査を行い、144種類の食品のなかから何をどのくらいの頻度で摂取したかを、1年に1回調査した。

 その結果、MIND食を「厳格に」実践した参加者のアルツハイマー病発症リスクは53%、つまり半分近くまで低下したことが分かった。さらに重要なのは、「ほどほどに」MIND食を実践していた人も発症リスクが35%下がったことだ。