NEW

清原和博、加藤茶、酒井法子……パチンコ営業に活路を見いだす“芸能人の稼ぎ”のカラクリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

kiyohara1505s.jpg
『男道』(幻冬舎文庫)

 かつては「長者番付」なるものがあった。毎年、ゴールデンウイークに日本全国の高額所得者を一斉に公示していた。新聞が第一報を打ち、週刊誌はさらに詳報を報じた。

 毎年の恒例記事がなくなって久しいが、芸能マスコミにとっては別の目的もあった。自由に閲覧できることから、各税務署に閲覧に行き新聞紙面上では掲載されない高額所得者でも下位の人たちのチェックをしたものだった。このときの対象は、特に芸能人。

 税金の申告は原則、住民票を置いてある地区。目的は金額よりも現住所だった。芸能人の住所情報はある種の宝。芸能マスコミはそれを把握する必要があったのだが、芸能人も心得たもの。申告地区を事務所にしている人も少なくなかった。長者番付は職種別にも分類されており、当事者よりも高額納税とは縁のない庶民のほうが「この人こんなに稼いでいるの」などと井戸端会議のネタにしていた。

 世の中にはとんでもない大金持ちがいるものだと感心するしかないのだが、「金持ちの定義」があるとしたらと、ある金持ちに聞いてみたことがある。

「サイゾーpremium」で続きを読む