NEW

結成40周年のモーターヘッド、中心人物レミーの壮絶なる人生とは? 現役パンクスがその自伝を読む

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 今年70歳を迎える、モーターヘッドの中心人物レミー・キルミスター。彼の自伝の日本語訳『レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー』が、ライブハウス「ロフト」グループの出版部「ロフトブックス」より出版された。2002年にイギリスで刊行されたこの本は、モーターヘッド結成40周年、レミー生誕70周年にあたる今年、ついに日本語訳されたのだ。

 今年は8年ぶりにフジロックへの来日が決定し、秋には2年ぶり22枚目のアルバムをリリース予定のモーターヘッド。

 この自伝には、幼少時代から2002年までのレミーの生き様が本人から語られており、モーターヘッドファンにはたまらない一冊となっている。

 モーターヘッドといえば、メタルファンだけではなくパンクスにもファンが多い。イギリスのパンクロック・ムーヴメントが起きる以前の1960年代後半から1970年代初期にかけて、アメリカではMC5やザ・ストゥージス、ニューヨーク・ドールズといった後のパンクに多大な影響を与えたバンドがあったが、その時代にはまだモーターヘッドは結成されていなかった。ホークウインドでレミーがプレイしていたのも74年頃の話だ。

 モーターヘッドのデビューが1975年であり、イギリスのパンクロック・ムーブメントの中心であるセックス・ピストルズ、ダムド、ザ・クラッシュも同時期の1976年〜1977年頃に結成やデビューをしている。ニューヨークパンクのラモーンズ、テレビジョン、パティ・スミスなどはモーターヘッドと同時期の1974年頃から活動しているところを見ると、パンクというものが世に出て来たと時を同じくして、モーターヘッドも産声を上げたと言っても過言ではないだろう。

続きはこちら