NEW

「情弱の高齢者が都構想をツブした」というデマをふりまく知識人達よ、情弱はお前らだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

silver_150520.jpg
都構想の否決を老人のせいにする新自由主義者たち(左「堀江貴文サロン」オフィシャルページ/右「小泉進次郎 Official Site」より)


 反対が賛成を上回った「大阪都構想」の住民投票の結果について「これはシルバーデモクラシーだ!」という批判の声が広がっている。またの呼び名を「老害投票」とか言うらしい。

 たしかに各社の出口調査では、70歳以上の投票者だけが「反対」に大きく振れていた。本サイトで既報のとおり、テレビキャスターの辛坊治郎氏が、この数字をもとに「将来の大阪を決めるという意味においては、今後何十年も住んでいく賛成の人たちは圧勝しているんだけども」などと主張し、生活保護者や老人を貶める下劣な負け惜しみを吐いていたが、しかし、なにもこのデータに飛びついたのは“橋下シンパ”の彼だけではない。他にも都構想賛成派や評論家が一斉に「結果は少子高齢化による世代間格差のあらわれ」なる論をもっともらしくぶち上げているのだ。