NEW

元AV女優の社会学者・鈴木涼美が語るセックスワークと貧困…本当の貧困は風俗に入った後に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

karadawouttara_01_150523.jpg
社会学者の鈴木涼美氏(『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』幻冬舎)

 AV女優として70本以上の作品に出演しながら、東大大学院を卒業し日経新聞の記者に。そして現在は社会学者。そう。昨年「週刊文春」(文藝春秋)14年10月9日号で「日経新聞記者はAV女優だった!」とスッパ抜かれた鈴木涼美のことだ。「週刊文春」報道の直後、鈴木が本サイトに寄稿した文章は大きな反響を読んだが、その後一気にメジャーになって、最近はテレビにもコメンテーターとして出演している。

 鈴木は13年の『「AV女優」の社会学』(青土社)に続き、14年11月には『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)を上梓。AVから風俗へフィールドワークの対象を広げているが、最近、「週刊東洋経済」(東洋経済社)4月11日号に寄稿した論考「女性の貧困最前線」は、ルポルタ―ジュとしても非常に興味深いものだった。

 おカネを求めてセックスワークに向う女性たち。鈴木は彼女たちの話を聞き、自らの体験とクロスさせるように筆を進める。そこから浮かび上がってくるのは、風俗で働く女性たちがおかれているのは決して「絶望的な貧困」ではないということ。だがしかし、そこには「絶望的な未来」があった。