NEW

いよいよ競馬最大の祭典・日本ダービー ダービージョッキーが自信を持って勧める馬券?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競馬の祭典、日本ダービー

 今年も年に一度のこの季節がやってきた。競馬の祭典、第82回東京優駿(日本ダービー)である。

 優勝賞金2億円、勝てば引退後に種牡馬として数十億円の収入も見込める関係者にとって究極の一戦。過去にナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルといった名馬が勝ち、またハイセイコーなどの人気馬が涙をのんだ、競馬ファンだけでなく日本中が注目するレースだ。

 無敗で日本ダービーに勝ち、引退後も種牡馬として活躍するディープインパクトは、現役時代に約15億円を稼ぎ、引退後も種牡馬として年間60億円以上を稼いでいる。まさに超セレブなサラブレッド。勝者が手にする報酬は莫大なものとなる。

 過去81回の歴史の中では、さまざまなドラマがあった。

 1990年、20万人が集結した東京競馬場で優勝馬アイネスフウジンの騎手である中野栄治を称えて鳴り響いたナカノコール、73年に断然人気のハイセイコーを破って大番狂わせを演じたタケホープ、07年の牝馬ウオッカの圧勝など、多くの競馬ファンの記憶に残る激闘が繰り広げられてきた。

 その81頭の優勝馬の中で、最もドラマチックな勝利といわれるのが97年、第64回日本ダービーのサニーブライアンだ。

 同馬は前哨戦となるクラシック第一戦の皐月賞に11番人気で勝利し、皐月賞・日本ダービー・菊花賞の三冠馬の権利を唯一有していたにもかかわらず、日本ダービーでは7番人気の低評価(直前に一頭出走取消があり最終的には6番人気)だった。

 しかし、その人気をあざ笑うかのように日本ダービーも皐月賞同様に逃げ切り、史上20頭目の二冠馬となった。その後、菊花賞で三冠制覇を目指すはずが日本ダービーのレース中に骨折したことが判明、屈腱炎も見つかったことで引退を余儀なくされた。

 当時、サニーブライアンのオーナーであった宮崎守保氏の所有馬は一頭のみ。その一頭が日本ダービーを制するというのは、競馬界においては奇跡と呼べる快挙であった。

 競馬ファンとしては、ダービーの楽しみ方は2つある。デビューから応援してきた馬の勝利を願うこと、そして馬券で楽しむことだ。