NEW

就活タブー「顔採用」はやっぱりあった?その実態とは 「リクルート整形」する学生たち

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
「ある派遣会社は、登録者の容姿をランク付けしていて、受付業務にはランクの高い人を派遣しているらしい」「どこの会社も、広報部にはなぜか美男美女が多い」など、容姿と採用の関連性については、真偽不明なエピソードが数多く存在する。

 そんな中、広告代理店の東急エージェンシーは2016年新卒採用で「顔採用」を実施している。また、湘南美容外科クリニックでは、同じく16年新卒において、美容整形の体験者を積極採用するなどの「ビューティー採用」を展開している。

 東急エージェンシーは、採用サイト内で「選考過程において、顔で採用の可否を判断するということは、決してございません。しかし一方で、優しさが口元に表れたり、意志の強さが目に宿ったり、顔はその人の内面を物語る、とも考えます」と説明している。

 同社では、顔を分析する独自のシステムを開発し、その分析結果に応じて、「就活支援特典」を応募者に抽選でプレゼントしている。「せっかち顔」にはエントリーシートの設問を1週間先行公開、「のんびり顔」にはエントリーシートの締め切りを1週間延長、「心配性顔」は面接に5分の“延長戦”を設ける、といった具合だ。

 それが同社の「顔採用」であり、決して美男美女を優先的に採用する狙いではない。しかし、そのストレートなネーミングのためか、インターネット上では「ルックスで区別するのか」「何を今さら」「むしろすがすがしい」と賛否両論が巻き起こった。当然、これらの誤解にも近い声が上がることは、同社も想定内だろう。

 実際の反響および採用状況はどうなのか。取材を申し込んだところ、「すでに『顔採用』の応募受付は終了しており、抽選結果も発送していること」「次年度の継続が現時点では未定なこと」などを理由に、回答を得ることはできなかった。来年、再び「顔採用」が実施されるかどうか、気になるところだ。

就活生が行う「リクルート整形」の実態


 湘南美容外科クリニックの「ビューティー採用」もユニークな取り組みだ。これは、「美しさ」を競うものではなく、「美への意識」を問うものとして、「美容マニアコース」「美コンプレックスコース」「美容整形体験者コース」の3つが用意されている。同クリニックに取材を申し込むと、こんな回答を得た。

「美容整形体験者コースは、自身が体験した美容整形についてアピールしていただくもので、すでに複数の応募があります。他院で施術体験がある人も応募可能で、今のところ応募者全員が当院でも施術を受けています。ほくろの除去や鼻の縮小など、複数の施術を体験している学生もいます」(湘南美容外科クリニック担当者)