NEW

ストレス性腰痛の患者は完全主義者が多い?その治療法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

youtsu06.jpg
腰を屈めただけで激痛が走るのでは......と怯えていませんか?  shutterstock.com

 あなたの腰の痛みが、ストレスによる心因性のものであるかどうかを診断するには、あなたが日常的に感じているストレスを医師が知らなければならない。だが、見ず知らずの相手に、いきなり会社での人間関係や夫婦仲を語れる人はいない。しかも、身体的な不具合を訴えて受診したのに精神的な問題を聞かれたら、患者が不信感を抱くのも当然だ。

 医師としては、時間をかけて少しずつ患者の心を解きほぐし、信頼関係を作ってから、ストレス性腰痛の原因を聞き出したいところだが、いくら診察に時間を費やしても医療保険の点数とは無関係。じっくり丁寧に患者の話を聞く診療でも、あるいは、患者の顔も見ない3分診療でも、支払われる金額は同じ......。

 こう書くと「医者は儲け主義」と思う人がいるが、現実には、丁寧な診察は「儲からない」というレベルではなく、丁寧な診察をしていると病院が倒産してしまうレベルなのだ。