NEW

馬主は金持ちの道楽?ほとんどが赤字、経費は年間1千万円、高額競走馬を現金一括購入

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬主表彰式

ほとんどの馬主が大損?

 一般的に馬主は金持ちだけがなれるもの、そう思う人がほとんどだろう。実際に日本中央競馬会(JRA)の馬主登録要件を見ると、

・直近2年の年間所得が1700万円以上
・純資産が7500万円以上

という厳しい審査基準がある。一方、地方競馬全国協会(NAR)の馬主登録要件は

・所得500万円以上

・純資産制限無し

となっており、ハードルは下がるが、やはり華やかなのはJRAのほうだ。

 しかし、馬主に話を聞くと「馬主になってからが大変だ」という。実際、人気のディープインパクト産駒にもなれば、その価格は1億円を超えることもある。また、低価格と呼ばれる馬でも500万円程度、ある程度活躍が見込める血統馬ともなれば1000万円以上は当たり前だ。しかも、基本的に馬の購入にローンはなく、ほとんどの馬主が現金一括で支払っているのが現状。夏にもなれば、北海道で大きなサラブレッドの競り市が行われ、一人で合計5億円分の競走馬を購入するような馬主もいる世界なのである。

 一般的に、購入する競走馬は0~1歳でデビューは2~3歳だから、購入した後デビューまでの2年間は牧場に預けることになる。その間にかかる預託料が一頭当たり毎月10~30万円ほど、デビューを控えてトレーニングセンターに入厩すると、調教管理預託料が同60~70万円ほどかかる。つまり、競走馬を購入した後も年間何百万円~1000万円ほどの経費が必要となるのだ。

 ディープインパクトを所有していた金子真人氏は、現在72頭ほどの現役馬を所有しているから、すべてトレーニングセンターに入厩していればその経費は一カ月で約5000万円、年間6億円にもなる。

 もちろん所有馬が活躍することで獲得する賞金、JRAから支払われる各種手当でプラスになることもあるだろうが、多くの馬主が赤字といわれており、「馬主は道楽」と呼ばれる理由もそこにある。

 馬主だから得られるステータス、人間交流、そして愛馬の優勝の瞬間などは、数字に置き換えられない大きな利益といえるだろう。それでも、馬主は一般人から見れば別世界の勝ち組であり、競馬ファンにとって憧れの存在でもある。

 今週末行われる第20回NHKマイルカップは1着賞金9200万円で、勝てば馬主に80%の7360万円が支払われるレースだ。我々しがないサラリーマンや一般競馬ファンが馬主になるには、相当な覚悟と努力が必要だが、せめて馬券ぐらいは勝ち組の気分でいたいものだ。しっかり的中させるためにも、ここはより確実性の高い情報や予想を参考にしたい。そこで競馬予想業界の中でも老舗の会社として知られる「競馬セブン」に、NHKマイルカップの展望を聞いた。

本物の関係者情報がここにある

--「競馬セブン」の特徴を教えてください

競馬セブン担当者 1997年の創業当初から徹底現場主義を貫き18年の長きに渡って一般メディアに出回らない関係者情報を提供してきました。情報網は現代競馬の3大ネットワークである“美浦・栗東のトレーニングセンター・馬主・馬産地”のすべてに精通しており、その各地から騎手・調教師・馬主・生産界の本物の情報が届きます。

 さらに、日本の枠を飛び越え世界にも名を轟かせつつある競走馬生産牧場集団の社台グループとも太いパイプを持っているのは、この業界を見渡しても「競馬セブン」だけといっても過言ではありません。競馬界において年間馬主リーディングを独占する社台グループは、今や競馬予想には欠かせない存在だといえます。

競馬記者歴40年の古川幸弘氏

--NHKマイルカップに向けて自信のほどをお聞かせください

 3大ネットワークや社台グループから寄せられている情報は、まさに衝撃の一言。さらにJRAの元騎手で競馬学校の元教官だった徳吉一己、美浦の競馬記者歴40年以上の大ベテラン古川幸弘、昨年3月までJRA調教師だった嶋田潤、元札幌馬主会理事で“馬産地日高の帝王”の異名を持つ斉藤隆、元社台スタリオンステーション荻伏場長で社台一強の基礎を築いた重鎮林勲、この5人をはじめ、末端まで含めると総勢数百人規模の情報網から膨大な数の情報が届いております。

 NHKマイルカップは過去5年で社台グループの生産馬が4勝するなど、まさに社台グループが力を入れる重要な位置付けのレース。当社の情報が最大限に力を発揮できるレースといえるでしょう。ぜひご期待ください。

--ありがとうございました

 今回、「競馬セブン」に登録すれば、自信の「NHKマイルカップ馬連3点馬券」を無料で教えてくれるらしい。これは本物の情報を体験する、またとない機会といえるだろう。どんな関係者の情報が飛び出すのか、週末は「競馬セブン」から目が離せない。
(文=編集部)                     競馬セブン