NEW

西内まりやの危機 忠告無視し城田優と熱愛&発覚、事務所ゴリ押しも視聴率惨敗…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CD+DVD『LOVE EVOLUTION 』(西内まりや/SONIC GROOVE)
 ファッション誌「Seventeen」(集英社)の人気モデルで、女優や歌手として活躍中の西内まりやが先月、週刊誌「フライデー」(講談社)に俳優・城田優との密会デートをスクープされるという初スキャンダルに見舞われた。

「西内の事務所は、以前から城田との関係に気付いており、相手がモテ男の城田だけにどうしても別れさせたかったようです。『今は一番大事な時期だから、城田とは会わないように』と繰り返し西内に忠告していました」(芸能関係者)

 そんな事務所の心配をよそに西内は、「フライデー」によればタクシーを何度も乗り換え記者を巻いたつもりで城田の自宅へ向かったり、帽子と大きなマスクという逆に目立ってしまう変装で城田の車に乗り込んだりと、かなり脇の甘い警戒ぶりだったという。

「事務所の忠告に耳を貸さなかったためにスキャンダルが出てしまったことで、今度こそ事務所はきつく交際禁止令を出したそうです」(同)

 西内の所属事務所ライジングプロダクションといえば、事務所一番の稼ぎ頭だった安室奈美恵が今年1月に独立したことで大打撃を受けている。

「今まで東京・表参道にあったオフィスは、原宿の竹下通り入り口に縮小移転しました。ベテラン社員を3分の1もリストラするという触れ込みでしたが、結局IT系の部署を閉鎖しただけでした」(同)

 ライジングに所属する女優は数多くいるが、先日結婚した観月ありさは前クールの連続テレビドラマ『出入禁止(デキン)の女』(テレビ朝日系)の視聴率が低調すぎて第6話で打ち切りという悲惨な状況だったり、同じく新婚の国仲涼子も妊娠中。比嘉愛未も今ひとつ人気が伸びない。そこで安室がいなくなった後、事務所の看板になる人材として抜擢されたのが西内だった。

 西内は20歳とまだ若いが、中学時代からティーン向けファッション雑誌でモデルとして活躍してきたため、10代を中心に人気や知名度は高い。事務所も『ポスト安室』として西内に期待をかけ、昨年夏には華々しく歌手デビューさせたり、連ドラや単発番組にも猛プッシュで出演させて、事務所あげての一大プロモーションを展開している。その甲斐あり、歌手としては昨年の「輝く!日本レコード大賞」で最優秀新人賞を獲得。そんな矢先のスキャンダルだったのだ。

 西内が出演している4月スタートの時代劇ドラマ『かぶき者 慶次』(NHK)は、西内が「いつか時代劇に出たいから、ピアスを開けずにオファーを待っていた」というほど、意気込んで撮影にのぞんだ。しかし本人の熱意とは裏腹に実力が伴わず、監督から「演技が下手」とダメ出しをくらって独り稽古することになり話題を呼んだ。