NEW

次男がボクサーデビュー! 辰吉丈一郎は家事や子育てに積極的な“フェミ夫”だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

tatsuyoshi_150506.jpg
強面な外見とは裏腹に、フェミ夫ぶりを発揮する辰吉丈一郎(画像は『丈 辰吉丈一郎の軌跡』(梁川剛/ネコ・パブリッシング)より)

 伝説のボクサー・辰吉丈一郎の次男・寿以輝(18歳)が鮮烈のデビューを飾った。4月16日に大阪府立体育館で行われたデビュー戦では2R2分45秒で見事KO勝ちを収めたのだ。寿以輝の姿に、父・丈一郎の最強時代を投影し、興奮した人も多かったのではないか。

 なにしろ父・辰吉丈一郎は凄いボクサー“だった”。17歳だった1987年に全日本社会人選手権バンタム級で優勝し、以降アマチュア通算成績19戦18勝を収め89年のプロデビュー。同年9月11日にはKO勝ちで日本バンタム級王座を獲得、91年には国内最短記録でWBC世界バンタム級王者と駆け上がったのだ。

 貧困な父子家庭で育った悪ガキから一躍スターに駆け上がった丈一郎のファイティングスタイル、そして生き様もまた人々を魅了した。両腕をダラリと垂らすノーガード戦法、ビッグマウスで相手を挑発しながらも負けた相手にエールを送る律儀さ。網膜剥離を患うなど何度も引退を勧告されながら、それを拒否しあくまで現役にこだわり続けた。世界王座から陥落しても、その雪辱をバネに再び王座への挑戦を続けた。