NEW

混迷する民主党、逆襲の秘策 若者狙いのネット戦略&岡田克也代表の“イメチェン”頼み?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年に行われた衆議院議員総選挙で下野し、13年の参議院議員通常選挙では獲得議席数が結党以来最小の17に甘んじた民主党。今年4月に行われた統一地方選挙では、愛知県や三重県などで躍進したものの、大阪府や京都府では維新の党や共産党に押され、劣勢となった。

 党内では、「退潮傾向に底を打った」という楽観論と、「今後も党勢が低落する」という悲観論が混在している。そんな状態で、党の再生はかなうのだろうか。イメージ戦略を担当する広報委員長の林久美子参議院議員に、その可能性と秘策について聞いた。

--党の再生のために、大事にすべきことはなんでしょうか?

林議員(以下、林) まずは、情報発信の強化が大事だと考えています。民主党がどんな主張をしているのか、どういう国をつくっていきたいのか、という思いがしっかりと国民に伝わるようにしたいです。例えば、キャッチフレーズですが、統一地方選挙では「生活起点。」「地域起点。」を掲げました。これらは、民主党にとってベースとなる思想で、私たちにはわかりやすいものです。しかし、国民に対するアピールとして考えた時、この表現でよかったのか、有権者にしっかりと伝わったのか、という点について考えなくてはなりません。

林久美子参議院議員
 自民党のキャッチフレーズは「地方こそ、成長の主役。」で、維新の党は「身を切る改革。実のある改革。」でした。どちらもインパクトが強く、政党のイメージを一言で描いています。また、政党の主張も、とてもわかりやすいです。民主党も、そういったキャッチーなものを考えていくべきでしょう。また、キャッチフレーズは岡田克也代表のイメージと重なるものでなくてはいけません。岡田代表は、重みも安定感も十分なリーダーです。その存在感をどうアピールしていくかというのは、広報の課題です。

--そのためには、岡田代表のイメージチェンジも必要です。例えば、最近ではメガネ姿が不評でした。

 周囲もそれとなく伝えており、ネクタイを新しくするなど、本人もそのあたりは意識しているようです。

--4月17日の記者会見では、エルメネジルド・ゼニアのネクタイを着用していました。高級ブランドのスタイリッシュなネクタイなのですが、記者からは「暗いですよ」という声が出ていました。

 あれは相当ショックだったようで、会見が終わった後に「今日初めて着けたネクタイなのに、そんなことを言わないでほしい」とぼやいていました(笑)。そういうふうに、岡田代表はもともと人間味のある人なのですが、それがうまく伝わっていない気がします。