NEW

“荒れるG1”、NHKマイルカップ 高額馬券を演出する“隠し玉”、90秒で一攫千金?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年に一度の波乱レース

「ゴールデンウィークで散財した」「衝動買いしたため、銀行口座がすっからかん」「他のギャンブルや投資で大損した」……そんな懐が寂しい紳士諸君にオススメしたいのが、今週末に東京競馬場で行われる第19回NHKマイルカップだ。

 9万7398倍、2万3816倍、1万2356倍、6840倍、2625倍、1168倍、2016倍……これらは、過去10年のNHKマイルカップで飛び出した高額馬券の配当事例だ。100万馬券が3回、10万馬券が4回となっており、これは一年間に行われる全G1レースを見渡しても、トップクラスの波乱度合いを示している。

 2007年の第12回NHKマイルカップでは、18頭立てで17番人気のピンクカメオが優勝し、2着は1番人気ローレルゲレイロ、3着に最低18番人気ムラマサノヨートーが入った。配当は三連単9万7398.7倍で、100円が973万9870円に化ける超高額馬券となった。

973万馬券の立役者となったピンクカメオ

 このレースの三連単は6018万1274票(60億1812万7400円分)販売されたが、的中はわずか456票(4万5600円分)だった。

 昨年は1番人気のミッキーアイルが優勝したにもかかわらず、2着、3着にそれぞれ17番人気、12番人気の穴馬が入賞して6840.2倍、すなわち68万4020円の高額馬券となっている。配当が高くなるということは、裏を返せば実に多くの競馬ファンが撃沈したわけだが、この難解さも競馬の魅力の一つであろう。

 競馬において、高額馬券が飛び出す時には必ず人気薄の穴馬が上位に入る。先ほど述べた高額馬券も上位人気馬が1~2着となっているが、穴馬の存在がある。

 なぜ、上位に食い込む実力のある馬なのに人気がなかったのか。それは、過去の成績もあるだろうが、やはり人気に大きく影響する競馬マスコミの存在が大きいだろう。多くの競馬記者が1番手に評価し、さらに大手スポーツ紙も一面で取り上げていれば、仮に過去の成績が悪くても、その馬の人気は上がるはずだ。逆に、まったくマスコミが取り上げなければ、その影響を受けた競馬ファンが馬券を敬遠するのはごく自然な流れといえる。

 しかし、それではマスコミから情報を得てレースを予想する一般の競馬ファンは、波乱のレースで高配当馬券を的中させることは難しい。

 そこで活用したいのが、マスコミに左右されない独自の情報と視点で穴馬を見つけ出し、高額万馬券を的中させているプロの予想集団だ。

 今回、筆者がリサーチの結果辿り着いたのが、創業17年の歴史を持ち、業界最強の内部情報ルートを構築する競馬情報サイト「競馬セブン」だ。

「競馬セブン」には、競馬ファンなら誰もが知る大物競馬関係者が所属し、徹底した現場主義で騎手・調教師・馬主・生産者などから本物の情報を収集し、競馬ファンに予想を提供している。

 今回は、NHKマイルカップに関する情報を、「競馬セブン」に聞いた。

関係者に取材中の古川幸弘(競馬セブン所属記者)

今年も高額万馬券を的中

--今年の的中実績はいかがでしょうか?

競馬セブン担当者 第62回日経新春杯では、10番人気2着フーラブライドが好調という情報を入手して、三連単20万130円の特大馬券を的中させました。さらに共同通信杯(1万870円)、ダイヤモンドステークス(2万6090円)、チューリップ賞(3万600円)、中山牝馬ステークス(2万190円)、ダービー卿チャレンジトロフィー(1万4860円)などの重賞をはじめとして、特別戦・平場戦を問わず毎週万馬券および高配当馬券を的中させております。

--“荒れるG1”として有名なNHKマイルカップですが、今年も何か穴馬情報を掴んでいますか? もしくは特別な情報はありますか?

競馬セブン担当者 NHKマイルカップが荒れる傾向にあるのは明確な理由があります。それは、東京左回りの1600mが適正な馬を保有している陣営や、6月1日のダービーに向けたステップレースとの見方をしている陣営などがあり、本気度が異なります。

 特に今年は、皐月賞の結果を受け、「(皐月賞1着2着の)ドゥラメンテ、リアルスティールにはかなわない。両馬がでるダービーではなく、狙いを変えてNHKマイルカップで勝負をかける」などの声が上がってきており、例年以上に目標をNHKマイルカップに変更してくる陣営が増えそうな状況です。

 現に厩舎番がいる当社のもとには、某陣営から「ウチの馬はNHKマイルカップが大目標」「皐月賞と比較して、メンバーが一ランク落ちるNHKマイルカップなら、勝てる可能性がある」など、競馬専門紙や一般スポーツ紙には掲載されないであろう有力情報が続々と入ってきています。

 馬名を明かすことはできませんが、「オーナーは次走にダービーを希望しているようだが、理由を説明してNHKマイルカップから安田記念というローテーションに変更してもらう」と、徹底的にマイル路線にこだわっている“隠し玉”の存在を入手しています。

 この馬が上位に絡めば、昨年暮れに第66回朝日杯フューチュリティステークスで、2着に入った14番人気馬アルマワイオリの好調情報を入手して、馬連1万4050円の万馬券を的中させた時に匹敵する高配当は必至です。

--相当、自信がありそうですね。

競馬セブン担当者 我々も非常に楽しみにしていますし、ぜひ多くの方にこの情報を届けたいと思っております。なお今回、当サイトに無料登録された方には、NHKマイルカップの情報はもちろん、レース当日の天候・馬場状態を考慮した『馬連3点馬券』を無料配信いたします。たった90秒弱で一獲千金も十分可能なNHKマイルカップ、的中させるためには必見です。

--ありがとうございました。

 歴史と実績を兼ね備えた「競馬セブン」が提供するNHKマイルカップの無料予想はどんな買い目になるのだろうか。
(文=編集部)                      競馬セブン