NEW

TENGA、革命的アダルト神器はいかに誕生?“血のにじむような”開発、世界中で大ヒット

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TENGAの松本光一社長(撮影=森浩輔)
 圧倒的な使用感と斬新なデザインで幅広い人気を集め、自慰行為の概念を変えたとまでいわれるアダルトグッズの「TENGA」。7月で発売10周年を迎える今、累計販売数は4000万個を超え、アダルトショップのみならず、全国のドラッグストアでも7000店舗以上で取り扱われている。


 また、早くから海外進出にも力を入れており、現在では42カ国に出荷、着実にマーケットを拡大している。

 製造元・株式会社TENGAの創業者であり、「TENGA」開発者でもある松本光一社長に

・「TENGA」開発までの道のり
・「TENGA」がヒットした要因
・「TENGA」の今後の展開

 などについて聞いた。

--松本社長は37歳の時の2005年に株式会社TENGAを設立しましたが、それまでの経歴を教えてください。

松本光一氏(以下、松本) 少年時代はスーパーカーブームだったのですが、私は特にランボルギーニ・カウンタックに憧れていました。改造車がたくさん登場する『マッドマックス』(ワーナー・ブラザーズ)という映画の影響を受けたこともあり、中学生の頃から車関係の仕事に就きたいと思っていたのです。中学校を卒業したらすぐに働くつもりで、いろいろな工場を見て回りました。当時はエンジンがキャブレターからインジェクションを使用したコンピューター制御への移行時期だったのですが、現場の人は「コンピューターについてよくわからない」と言っていました。そこで、私は工業高校の電子科に進学して、卒業後は愛知県の三菱自動車整備専門学校に通いました。専門学校時代は夏休みの1カ月間、三菱のトラック整備工場で働きました。早く技術を覚えたい一心だったので、「無給でいいからやらせてください」と頼み込んだのですが、それがすごく勉強になりました。やはり、座学と現場では、学べるものがまったく違うのです。

--専門学校卒業後は、やはり三菱系の会社に就職したのですか?

松本 三菱自動車に内定していたのですが、辞退してフェラーリやランボルギーニを扱うチューニングカーのディーラーに就職しました。当時、自分の好きな車を扱っているお店に通っているうちに、「こういう車を扱う仕事がしたい」と思ったのです。一流自動車メーカーに勤めることで得られるステータスや安定より、細かい調整からエンジンのオーバーホールまですべてを経験でき、車好きのお客さんとじかに接することのできる仕事に魅力を感じたのです。当時から、世界中を相手に仕事をしたいという気持ちがあり、もともと他国の文化に興味があったことも手伝って、どんどん輸入車に惹かれていきました。車も国によって感性が違うのですが、さまざまな車を扱っているうちに、文化の違いがわかったりして、すごく面白かったです。