NEW

「健康リテラシー」の低さが心不全患者の死亡率に影響 日本はさらに深刻!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_healthnews.jpg
メディアの健康情報をどこまで信じますか?shutterstock.com

 健康に関する情報の理解力が乏しい患者は、急性心不全で入院した後の死亡リスクが34%高くなることが新たな研究で示唆された。

 研究の筆頭著者である米ヴァンダービルト大学医療センター(テネシー州ナッシュビル)助教授のCandace McNaughton氏によると、「健康リテラシー」の低い患者は、医療従事者との意思疎通、医療システムの利用、悪化の徴候の認知、具合が悪いときの連絡先の知識などに困難がみられることがある。

 例えば、心不全患者は退院時に膨大な医学的指示を受け、毎日多数の薬剤を飲み、食事や生活習慣を大きく変えるよう求められることが多い。「患者が最善の薬の飲み方を理解できなければ、症状が悪化し、その治療のため入院が必要となる。これにより入退院を繰り返す悪循環に至ることもある」とMcNaughton氏はいう。

 今回の研究では、2010年から2013年までに急性心不全で入院した1,300人強の患者を追跡した。全患者にアンケートを行い、医療関連書類を1人で記入する自信、医療情報の読解能力などについて回答してもらった。