NEW

地震はあなたの脳で予知できる!? 角田忠信氏の“ノーベル賞級”発見の謎に迫る!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

BrainSensor_3.jpg

 1970年代の終わりから1980年代にかけて、『日本人の脳』(大修館書店)という本が話題となったことがある。日本医科歯科大学名誉教授の角田忠信氏の著書だが、これによると、「母音を左耳(大脳右半球)で聞き取っている外国人と、右耳(左半球)で聞き取っている日本人では、大脳のはたらきが異なる」のだという。この説は日本中で話題となり、当時さまざまな議論を呼んだ。その後も角田氏は数多くの新事実を発見したが、その中には、なんと「人間の脳は地震の地殻変動を捉えることができる」という驚くべきものまである。今回は、それらを紹介するとともに、新たな地震予知の可能性を探ることにしたい。

続きは【トカナ】で読む