NEW

バーで働く色白読モギャルの自宅訪問!月収の半分は服代 貯金4万でも「最悪なんとかなる」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦境のギャル雑誌に夢を抱くバー店員・カナさん(20歳)


 モデルは、女子たちの憧れの職業のひとつだ。しかし、モデルの主戦場であるファッション誌は、昨今の出版不況の煽りを受け、アラフォー向けなど一部を除き、軒並み苦戦を強いられている。

 特に「雑誌を買う」という習慣が根付いていない若者層をターゲットにした雑誌は苦しい。昨年、「egg」(大洋図書)、「EDGE STYLE」(双葉社)、「Happie nuts」(インフォレスト)、「BLENDA」(角川春樹事務所)など、一時代を築いたギャルファッション誌の休刊が相次いだ。

 そこで今回、モデルの現実や私生活に迫るべく、ギャルファッション誌に夢を抱き読者モデルとして業界に飛び込んだカナさん(20歳)の自宅を訪問した。

【お宅訪問の動画はこちら】

 カナさんは、東京・杉並区の実家住まい。最寄り駅から徒歩6~7分の自宅の8畳程度の部屋で生活している。

 壁やフローリングが白だったこともあり、「インテリアはなるべくホワイトをベースにしました」とカナさんは語る。ベッドの枕元には複数のぬいぐるみが飾られており、モノマネメイクでブームを巻き起こしたざわちんのほか、Sexy ZoneやKis-My-Ft2といったジャニーズアイドルのポスターも貼られている。典型的な「女の子の部屋」といった印象だ。

「ざわちんのポスターは、イベントに行った時のものです。でも、実はそんなに好きじゃなくて……。カレンダー付きで便利だから貼ってるだけです」(カナさん)

 しかし、ジャニーズアイドルのポスターに関しては、こう語る。

「中3の頃から、しばらくSexy Zoneの中島健人君にハマッてたんで、枕元にポスターを貼ったんですよ。でも、それからちょっとたってから、中島君よりKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔君のことを好きになっちゃって。だから、天井のポスターはキスマイ。藤ヶ谷君は今27歳で、21歳の中島君よりも大人の色気があるんですよ~」(同)

収入は、ほとんどファッションに消える


 ここで、カナさんの月収額とその内訳、そしておおまかな支出額の内訳を紹介しておこう。

【月収額 約8~10万円】
・バー店員の給与。モデルとしての収入は、ほぼなし。

【支出額 合計・約10万円】
・親への納金 0円
・食費 2~3万円
・通信費(携帯電話) 約1万円
・被服費 約5万円
・交際費 約1万円

 カナさんが働くバーは、「お客さんにシャンパンを入れてもらったりすると、私にバック(マージン)が入る仕組み」とのことだが、「決してキャバクラやガールズバーではない」と、頑なに否定していた。

 そして驚きなのが、収入の約半分をファッション(被服費)に費やしているということだろう。