NEW

ジャニーズとEXILEはAKB48がお好き? 報じられるのは色恋沙汰ばかり!イケメンたちのゴシップの後始末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――日本を代表するイケメングループ、ジャニーズとEXILE。そんな彼らのウラの経歴は、さぞや華やかなゴシップに彩られているかと調べてみると、やはりと言うべきか色恋沙汰であふれている。ここでは、週刊誌を中心に報じられた熱愛ゴシップの後始末をみていこう。

[座談会出席メンバー]
A:週刊誌デスク
B:スポーツ紙芸能記者
C:女性誌記者
D:芸能プロマネージャー

1408_gossip_01.jpg
TAKAHIROとの熱愛が再三報じられた板野友美。

A 今回はジャニーズとEXILEの特集ってことで、メンバーがやらかしたスキャンダル報道の裏側を洗いざらい暴露してほしいという、まさに“サイゾーさんらしい”企画だよ(苦笑)。

B まずは複数回報じられた、元AKB48の板野友美とTAKAHIROからいってみようか。もともとは2012年3月の「週刊文春」(文藝春秋)によるスクープだけど、板野のAKB卒業後、すぐに「フライデー」(講談社)がデート写真と共に同棲を抜いてきた。

C そもそも2人は同じマンションの別の部屋に住んでいるんだけど、フライデーの記事には、板野が所属するホリプロのベテランマネージャーのN氏がひとりで大騒ぎしてたよね。

D このスキャンダルをつかんだ「フライデー」は、すでにホリプロに確認の連絡を入れて、広報のトップと話がついていたんだけど、怒りがおさまらなかったのがN氏。芸能界のご意見番・和田アキ子の元マネージャーっていう肩書を笠に着て、スポーツ新聞に連絡を入れるや後追い禁止令を出してきた。これはサイゾーさんでも3月号で記事にしてたよね。

B そもそもTAKAHIROと板野の交際については、かなり以前からファンの間ではウワサになっていて、ちょくちょく記事にもなっていたし、すでに板野は恋愛禁止のAKBを卒業していたわけだから、まったく騒ぐようなことではなかったんだけど。

A なぜかN氏は、板野が卒業してもう関係のないAKBの所属レコード会社キングレコードにまで連絡し、助力を仰いだみたいだよ。キングレコードって、講談社の資本が入っているから、なんとかしてくれるって思ったんじゃない?

D キングレコード側は「なんでウチが?」と思いつつ、N氏のあまりの剣幕に渋々ながら話だけは聞いたようだけど、発売日には一部ネットメディアが騒いで、アッサリとヤフーのトピックスに載ってしまった。それにしても、なんでN氏は、担当タレントでもない板野を過剰に守ろうとしたんだろう?

C まあ、板野が和田アキ子から可愛がられているってのもあるだろうけど、一番は社内の人間関係だと思うよ。現在、ホリプロのトップを務めるのは創業者・堀威夫氏の次男、堀義貴氏だけど、同社の看板タレント和田アキ子やN氏との関係はあまりよくないよう。社長はどちらかというと、広報担当のトップのことを信頼しているから、N氏からしたらやっかみがあったんじゃないかな?

A それにしてもEXILEとAKBのメンバーによるゴシップは激しいよ。13年1月に「週刊文春」がスクープしたGENERATIONS白濱亜嵐とAKBの峯岸みなみのお泊まりデートでは、峯岸が丸坊主&研究生へと降格し、事態を“力技”で収束させた。

B このネタのリーク元だけど、AKB関係者だというのが定説になっている。AKBのメンバーって、“会いに行けるアイドル”で握手会とかやっちゃってるから、芸能界では格下に見られているんだ。彼女たちもそれがコンプレックスのようで、やたらとメンバー間で“芸能人の彼氏自慢”をしている。その中でもアピールが激しいのが峯岸と板野だった。特に峯岸は、EXILE関係のメンバーと付き合えたことがステータスになったようで、やたらと周囲に吹聴していたという。それがあまりに露骨なので、鼻についた関係者がリークしたってワケだ。

D そんな恋愛において上昇志向の高すぎるAKBでは、12年6月、同じく「週刊文春」にファンとの不適切な関係を報じられてHKTに移籍した指原莉乃に対しては、メンバー全員が相当イタい女だと白い目で見ていた。それがバネになって、13年に行われた総選挙ではセンターを獲得したんだから、このあたりはさすがだな。

「サイゾーpremium」で続きを読む