NEW

関ジャニ∞村上信五、『Mステ』で2週連続の演奏ミス!?「いや、CD通りですけどね」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140524-msute-thumb.jpg

『ミュージックステーション』公式HP

【リアルサウンドより】

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の6月5日放送回には、OKAMOTO'S、関ジャニ∞、GLAY、Silent Siren、西野カナ、秦 基博、UNISON SQUARE GARDENが出演した。

 1番手に登場したのは、番組初登場となるSilent Siren。ボーカル・ギターのすぅが「小さい頃から見ていた番組なので緊張するけど嬉しいです」と初々しい口調で語り、結婚をテーマにした楽曲「ハピマリ」を歌い上げた。2番手の西野カナは、新曲「もしも運命の人がいるのなら」について「女子会で行われているガールズトークからいっぱい引っ張ってきた」と前置きし、「『なかなか運命の人っていないよね』という話からできた曲で…。理想の人をみんなで話してみたり『出会いがない』って言ったりするので」とガールズトークの内容を明かすと、タモリは「女の子の話って結論がないよね」と一刀両断。これに対し、西野も「『出会いがない』で始まり、『出会いがない』で終わる」と同意し、同曲を熱唱した。

 3番手の関ジャニ∞は、2週連続の登場。大倉忠義が先週の放送について「僕が唯一のソロで歌う部分があるんですけど、村上(信五)くんが…」と、入るはずがなかった鍵盤の音が割り込んできたことを暴露すると、村上は「いや、CD通りですけどね」とこれを否定。しかし証拠映像が流され、苦しい立場に置かれた村上だったが「ぜんぜんCD通りです」と言い張り、スタジオの出演者を笑わせた。その後、関ジャニ∞は「強く 強く 強く」と初のバンド形式での演奏となる「ズッコケ男道」をメドレー形式で披露。村上はここでも前週の再現とばかりに大倉のソロでピアノを入れ、苦笑いする大倉の顔が放送された。

続きはこちら