NEW

そんなモノまで…! コインロッカーに預けられる危険物ベスト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

a-locker1.jpg
credit:Steven Depolo/from Flickr CC BY 2.0から

 先月31日、東京駅のコインロッカーに放置されていたスーツケースの中から高齢の女性遺体が発見された。警察の調べによると、遺体は死後1ヵ月以上経過している状態で、布団にくるまれていた。また、司法解剖の結果、遺体に外傷はなく、病死や餓死の可能性が高いとみている。

 たくさんの人々が行き交う東京駅のコインロッカーに、遺体詰めのスーツケースが放置されていたとは、誰もが予想だにしなかったのではないか。13年度に鉄道各社が発表した東京駅の、1日平均乗車人員は、JR東日本(41万5,908人/新幹線7万3,652人)、JR東海(9万3,354人)、東京メトロ(18万1,208人)。1日におよそ76万人が東京駅を利用するにもかかわらず、長らく放置されていたとは、まさに都市空間の死角である。

続きは【トカナ】で読む