NEW
闘うジャーナリスト・佐々木奎一がゆく! ワーキングクラスの被抑圧者たち 第29回

残酷な犬猫虐待が多発!下半身切り取り、性の対象、頭部に刃物刺す、エアガンで撃ち抜く…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 テレビのニュース番組などで、犬猫の虐待が時々報じられる。しかし、それは氷山の一角でしかない。

『多摩川猫物語』(角川書店)の著者で、野良猫たちの治療や給餌を続けるフリーランスカメラマンの小西修氏に話を聞いたところ、多摩川河川敷には身勝手な人間に捨てられた不遇な猫がたくさんいるという。しかも、そんな猫たちに対し、飼い犬のリードを放してけしかけ、猫を咬み殺させたり、刃物で猫を切りつけたり、改造エアガンで射抜いたり、毒殺したり、ゴルフクラブで顎を砕いたりする人間がいるという。

 これは多摩川だけに限った話ではあるまい。それに犬に対する虐待もあるはずだ。そこで筆者は今年2月、東京都と神奈川県横浜市・川崎市に対して「犬猫の虐待に関する通報相談等、虐待事実を記載した文書」を過去3年分、情報公開請求した。数カ月後、文書が開示されたが、やはりそこには虐待の横行している実態が記されていた。

頻発する動物虐待、横浜市の事例

 例えば、次のような事例だ(日付は役所が通報を受けた日)。

・2013年10月21日、横浜市泉区 民家の大きな庭の木に犬が短いリードでつながれており、台風の時でさえ小屋に入れないというネグレクトに遭っていた。

・14年2月27日、横浜市泉区 猫の体に10cm四方の段ボール片6枚が接着剤で貼り付けられていた。通報者はハサミで段ボールを切り取ったが、一部は刃がダメになるほど強力につけられていた。

・12年7月13日、横浜市戸塚区 犬を車に閉じ込めたまま飼い主は仕事に出かけ、朝から夕方まで放置。犬は夕方衰弱死した。

・14年7月29日、横浜市戸塚区の山中 ヘアゴムで巻かれた状態の猫が不審死。同区内では、体にヘアゴムを三重巻きにされた猫がたびたび見つかっている。

・12年2月7日、横浜市青葉区 ゴミ集積場の柱に結び付けられたハンガーから釣り糸が垂れ、その先には釣り針に肉がつけられていた。それを散歩中の犬が針まで飲み込んでしまう事件が発生。4日前にも同様の事件が起きていた。

・14年6月6日、横浜市青葉区 小学校の校庭で、猫が頭に水の入ったコップをかぶせられた上、ガムテープで首まで巻かれて瀕死しているのが発見された。