NEW
三池純正「歴史はこんなに面白い!」

“美少年好き”な戦国武将たち 上杉謙信、武田信玄、織田信長らも、“男好き”だった?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上杉謙信像(「Wikipedia」より/M-sho-gun)
 上杉謙信には子がなかった。

 考えてみれば生涯、側室はもちろん正室ももたなかった謙信である。血を分けた子などいるわけがない。通説によれば、謙信は潔癖なまでに女性を近づけなかったとされているが、その理由は今もって定かではない。そのため、中には「謙信自身が女であったために女性を近づけなかった」という極端な説まであるくらいである。

 また、軍神毘沙門天に憧れ、それを自らの旗印にまで掲げた謙信は神に不犯を誓い、それを生涯守り通したのだともいわれている。そのことから人は謙信を「不犯の名将」とも呼ぶ。

 だが、謙信が女性を近づけなかったのは、果たしてそんな神聖な理由だったのであろうか。

美少年たちと朝まで宴会


 永禄2(1559)年、謙信は時の将軍、足利義輝の求めに応じて2度目の上洛を行ったが、そこでは相伴衆(そうばんしゅう)に取り立てられ、義輝から裏書御免、塗輿(ぬりこし)御免の御内書と関東管領就任、そして信濃の諸将への指揮権を事実上認められる御内書を得ている。

 謙信はこのとき武田信玄と信越国境線・川中島での戦いを強いられており、これらの御内書は信玄にとって大きな脅威となることは確実であった。その意味で、謙信はこの上洛で信玄を圧倒する政治的手段を得たといえる。

 この上洛のとき、謙信は関白・近衛前嗣(このえさきつぐ)らと将軍・義輝邸に招かれたり、義輝と謙信が近衛邸を訪れたりしてよく酒を飲んでいたようである。謙信30歳、義輝と前嗣は20代半ば、共に恐れを知らない血気盛んな若者であった。そんなことから、3人はすっかり意気投合したのであろう。

 だが、この酒の席には、なぜかいつも美しい若衆がたくさん集められていた。前嗣は「きやもしなる若衆数多あつめ候て、大酒まてにて度々夜をあかし」と記しているところから、この若衆をたくさん侍らせて明け方まで大酒を飲む宴会が、たびたび行われていたことがわかる。謙信は都で何度も美少年たちをたくさんそばに侍らせ、朝までドンチャン騒ぎをやっていたというのである。

有能な武将としての素質も見抜いていた


 さらに前嗣は、「謙信が若衆を大変好んでいることは聞き及んでいる」と述べている。そんなことから前嗣は、以前から謙信の若衆好みを知っていたのであろう。