NEW

批判殺到のフジAKB総選挙中継、視聴率を“粉飾”?「昨年よりアップ」のまやかし

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フジテレビ本社(「Thinkstock」より)
 6月6日、「AKB48 41stシングル選抜総選挙」が福岡ヤフオク!ドームで行われ、一昨年の1位から昨年2位へ順位を落とした指原莉乃が再びトップへ返り咲くなどして、大きな盛り上がりをみせた。

 その一方、今回の総選挙を生中継したフジテレビに対し、ファンからは、たびたびメンバーのスピーチ途中でCMが入ったり、今年卒業予定の高橋みなみが号泣しながらスピーチするシーンで、何度も“あはは”というスタッフと思われる男性の笑い声が紛れ込んだことなどに批判が集まっているが、平均視聴率は18.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)を記録。例年に比べて盛り上がりに欠けるといわれ、渡辺麻友の主演ドラマ『戦う!書店ガール』(フジ系)が視聴率3%台を連発していただけに低視聴率が心配されていたが、予想外の高い数字をマークした結果となり、昨年(16.2%)を上回ったとして話題を呼んでいる。

 だが、あるテレビ局関係者は「これは数字のマジックですよ」と話す。

「番組は18時30分から21時54分まで放送されましたが、大きく報じられている『18.8%』という数字は、放送時間全体を3つに区分した内の3部のみの数字です。各区分の視聴率は、1部(18時30分~)が7.5%、2部(19時~)が10.3%、3部(20時55分~)が18.8%です。このように分けることは、最近のテレビ番組ではよくあります。数字が取れないとわかる時間帯があれば、わざと途中で区切って数字を高く見せるのです。今回のAKB総選挙は、まさにそのパターンでしたね。昨年は総選挙終了後のステージ裏の様子やメンバーへのインタビューコーナーが放送されましたが、そこで視聴率が落ちてしまったために今年はなくなり、その影響でランキング上位メンバーのスピーチが短くなるという現象も起きていました」

 そこで昨年の総選挙の視聴率をみてみると、1部(18時30分~)が9.7%、2部(19時~)が16.2%、3部(総選挙本番終了後の21時22分~)が11.4%だった。2部内で順位発表はすべて終了し、3部は選挙を終えたばかりのメンバーとスタジオのコメンテーターのやり取りなどが放送された。 

 つまり、“昨年の視聴率”として発表された数字は、順位下位~1位までが発表された約2時間20分の16.2%、今年は上位のみの約1時間が18.8%というわけだ。

「これでは、単純に昨年の16.2%から上昇したとはいえません。クライマックスの1時間だけに絞ったら、より下位順位まで2時間強も放送した分も入っている昨年と比べて視聴率が上がるのは当然です。これをもって『昨年より視聴率上昇』と喧伝するのは“粉飾”ともいえます」(同)

 国民的アイドルの一大イベントをどうしても“成功”させるための、フジの“努力”が垣間見える。
(文=編集部)