NEW

安倍と会談して安保法制協力密約!? 橋下徹が早速「憲法学者はおかしい」と露骨な安倍擁護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

abehashimoto_01_150415.jpg
まさかここまで早急に…(左・自由民主党公式サイトより/右・橋下徹公式サイトより)


 6月14日夜、安倍晋三首相と橋下徹大阪市長が都内のホテルで会談を行った。会談には菅義偉官房長官と松井一郎大阪府知事が同席した。永田町は安保法制国会の最中のこの動きに騒然となっている。

 本サイトはかなり前から、橋下市長が安倍首相、菅官房長官と裏でがっちりとつながり、憲法改正のための連立を企てていることを報道してきた。大阪都構想の住民投票をめぐっても、自民党大阪府連の反対をよそに菅官房長官が創価学会幹部との間で仲介の労をとるなど、都構想実現に全面協力。住民投票可決→その勢いをかって橋下が国政進出→維新の連立入り→憲法改正というシナリオができあがっていることを指摘していた。

 そして、橋下の政界引退表明後も、このシナリオはなくなっておらず、時機を見て橋下の政界復帰、入閣もありうるのではないかという見立てを公開していた。

 しかし、まさか両者がこんなに早く、こんなに露骨なかたちで、動き始めるとは思っていなかった。