NEW

“あざとい”紗栄子、意味不明な下着姿投稿連発に「露出狂」「子供はどう思う」と反感殺到

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 モデル兼タレントとして活躍する紗栄子の“露出度アップ”に、心配の声が集まっている。

 紗栄子は6月2日、写真専用のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のインスタグラムに「NY。この時の気温、11℃」というコメントとともに、白い下着姿の画像を投稿した。その妖艶な姿に「きれいだな」「二児の母とは思えない」と称賛の声が集まる一方、「人の親らしい振る舞いを」「子供はどう思うのか」「単なる露出狂」など、ネガティブな反応も上がっているのだ。

 最近の紗栄子は、このほかにもセクシーな水着姿や露出度の高い下着姿などを投稿することが多く、「なぜ、わざわざ公開するのか」「この人はなにがしたいの?」という声が高まっている。テレビ局関係者が語る。

「紗栄子は下着通販会社のピーチ・ジョンのイメージキャラクターとしてCMに出演しており、いわば『下着になるのも仕事のうち』なのです。最近は下着姿を頻繁に公開していることから、『常に下着のイメージ』とあきれるような声も聞こえてきますが、これは、ある意味で紗栄子の術中にはまっているといえます。紗栄子は以前から、肌ツヤや腰のくびれなどに定評があり、同世代の女性から『あのスタイルに憧れる』と支持を集めていることも確かです。『子供がいるのに、はしたない』という声はもっともですが、公式サイトのトップページがドデカいセミヌードだったこともあり、『ママになってもきれいでしょ』アピールは今に始まったことではありません」

 紗栄子は2007年にプロ野球・北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有選手(現在は米テキサス・レンジャーズ)と結婚、二児をもうけるも、12年に離婚している。離婚交渉では、子供1人につき月1000万円の養育費を請求したともいわれ、一部で「したたかな女」のイメージがついた。

 離婚後はシングルマザーとして育児と仕事を両立、サッカー日本代表の香川真司選手やNEWSの手越祐也、競馬騎手の武豊氏らと浮名を流し、最近では音楽プロデューサーの大沢伸一氏と熱愛が報じられた。

あざとい行動が批判を浴びてきた紗栄子


「インターネット上では、『なんだかんだいってエロい』『やっぱりいい女だ』という声も根強く、魔性の女であることは間違いありません。出産後も抜群のスタイルを維持しているところを見ると、かなり努力をしているのも明らかで、プロ意識は高いといえるでしょう。篠原涼子も、二児の母でありながら下着メーカー・トリンプのCMに出演していますが、好評を得ています。紗栄子が反感を買いやすいのは、その行動にあります。